ウンジュちゃんにさよなら&こんにちは

スカーレットレター
~汝、愛の地獄を味わうことなかれ~


ウンジュちゃんが大好きで大好きで、韓国の女優さんの中では一番好きと言っても過言ではないくらい好きでした。
だからウンジュちゃんの最後の作品は絶対スクリーンで見るって決めてました。

ストーリーは“美しくて従順な妻と約束されたキャリアだけでなく、情熱的な愛人までいる刑事。ある殺人事件が起こり被害者の妻であり容疑者でもある女に惑わされながら事件は迷走し、やがて次々と開かれる秘密の扉。だが女たちの秘密は、刑事の想像をはるかに超えるものだった。”というものです。
この映画はあらすじも難しいですし、読んだだけじゃわからないですよね・・・。

とにかくこんなにきれいなウンジュちゃんは見たことがないってくらい、今まで以上に大人の女性でした。
あたしが見たことあるのは「永遠の片想い」「ブラザーフッド」「愛と、死を見つめて」だけなんですが、どのウンジュちゃんもステキだったけど、今回はほんとにゴージャスでした。

今まではナチュラルメイクでしたけど、今回は大人な雰囲気のメイクに、セクシーなドレスを着て、スクリーンの姿が本当にまぶしかったです★☆

話はあたしには難しかったと言うのが本音です。結局なんだったの?みたいな。
刑事を演ずるハン・ソッキュとウンジュちゃんがすごく愛し合っていると言う割に、会えばHばかり。ウンジュちゃんはほんとにソッキュさんを愛しているのだろうけど、ソッキュさんは結局どうだったんだろう。誕生日も忘れてたし、妻の妊娠を心から喜んでいたし、逆にウンジュちゃんの子どもは堕ろさせるつもりだったし・・・。

ラストが本当に痛くて、辛くて、特にウンジュちゃんのいない今は見るのがつらかったです><
壮絶でした。

ウンジュちゃんが亡くなったとき、ベッドシーンが取沙汰されてましたけど、それはそんなに気になるほどではないです。そりゃ激しいですけど、日本ではすんなり受け入れられると思います。だいたいウンジュちゃんは背中が主で、どちらかと言うとソッキュさんのヌードの方が多いです^^;

ウンジュちゃんはジャズ歌手の役で、コアーズの「Only When I Sleep」を歌うシーンがあるんですけど、すごくいいです!!予告に使われていますよね?実際はもちょっと長いです^^
ウンジュちゃんの声ってちょっと特徴的ですけど、合ってます♪
ピアニストを目指していただけあって、ピアノを弾くシーンも完璧に演じられてます☆

あたしが好きなシーンは「心だけ置いていって」というウンジュちゃんの枕元にソッキュさんが♡に心って書いたメモを残しているシーン。しかもそれをウンジュちゃんが大切に写真立てに入れて飾ってるのが、すごく切なくてかわいくて。

ウンジュちゃんだけを見るならすごくすごくきれくて、切なくて、かわいくて、はかなくて、一生懸命でたまらなくなります。
でも映画としてはあたし的には難しくてあまり意味が判らなかったです。

d0066990_22151457.jpg


公式HP↓
http://www.scarletletter.jp/top.html
[PR]
by spanishapartment | 2005-06-24 22:14 | 韓国


<< くだものだもの つむじ >>