子どもの言葉☆★

2歳半になる甥っ子たちは、何でもお話出来るようになりました☆★

こっちが聞いたことはちゃんと答えが返ってくるし、いっちょまえな質問をしてきたり、大人同士の会話をちゃんと聞いていて、話に入ってきたりします。

でもちょ~っと日本語がおかしいんですよね^^;

今日もあたしがお茶を飲み干したのを見て一言。
『ぼくもいるかったの。』

・・・いるかった???
これは“欲しかった”と言ってるんだと思います★★

「いる」は知ってても「欲しい」は知らないらしく、いるを過去形にしてみたみたいです^^;

これと同様に「する」は知ってるのに「したい」は知らないので、「するかったの=したかったの」とゆー言葉が生まれました*-*

あと今まではおとうさん、おかあさんやじぃじ、ばぁばとゆーように続柄で存在してた人に名前があることを覚え、フルネームで呼ぶのが彼らの中でははやってるらしく、自分のこともフルネームで呼ぶようになりました^^;

でもたまに混同しちゃうのか自分のフルネームを言いながら「○○○(自分の名前)はどこ行くの?」とか意味不明なことを口走っちゃってます*-*;

まだちゃんとしゃべれない頃はしゃべり出すといらない言葉ばっか覚えてかわいくなくなるんだろうなぁなんて思ってたんですけど、しゃべり出したら出したでけっこうおもしろいんですよね~♪
あたしたちが何気に話してる言葉とかすぐに覚えて使ってたりするので、びっくりします*-*!

このまま汚い言葉とか覚えないでいてくれたらいのになぁって思う毎日です☆★
[PR]
by spanishapartment | 2005-12-30 00:29 | 日記


<< 毛糸の髪飾り☆☆ ヨンハっち IN 食わず嫌い >>