ちょぴり切ないお話☆☆

“力道山”


プロレスは見ないし(大学プロレスにははまってたけど)詳しくないし興味もない。
そんな家庭で育ったあたしが小さなころから力道山という名前を知ってたのは母の影響。

あたしがスパッツ一枚でいたら(どんな状況かはきかないでくださいね^^;うちの男は夏の間パンツ一枚で過ごすような家庭なのです)母は必ず『力道山現る!』と声を掛けてきました☆☆

プロレスにはまったく興味のない母も幼いころ力道山だけは兄と一緒にテレビにかじりついてみたそうです☆☆

『力道山を英雄と思いたいなら、この映画は見ないほうがいい』と何かに書いてあったけれど、ほんとにそうかも。。。

力道山のちょっと計算高いところとか苦悩とかヒーローの影の部分も大いに語られていました。
見ててちょっぴり切なくなる映画でした+-+。。

それにしてもソル・ギョングってすごいわ!!
日本語のシーンはまったく字幕なし!
それでも何の問題もありません@-@!
それに細こまーいイメージがあったのにめためた肉ついてて大きくなってました*-*;;

韓国のロバート・デ・ニーロと言われてるだけあります~☆☆

中谷美紀のゆったりとしたしゃべり方もステキで、お互い執着してないようで必要としあってる夫婦姿がステキでした☆☆

あと萩原聖人!
この人好きなんですけど、でも出てきたら絶対『力道山のこと裏切るんでしょ?』とか思ってしまった*-*
だって声とかしゃべり方とかゆったりしててとっても甘いやさしい感じなのに、どこかクールとゆーかなじまないとゆーか、そーゆー雰囲気が漂ってるんですよね、あたしの目には。
なのでダメ男とか実は腹黒な役とかしてると妙に納得してしまうんです^^;
疑ってごめんなさい><
[PR]
by spanishapartment | 2006-10-23 20:05 | 韓国


<< ガーリーな映画のお話☆☆ 茶母っちゃいました☆ >>