女は男の未来だ

ホン・サンス映画は2度目。
前回見た『気まぐれな唇』より、わかりやすかったです。

とはいえやっぱり登場人物の感情がよくわからない。。。
人間くさいといえばとても人間くさい人たちばかりで、人間のちょっと見たくない部分とゆーか恥ずかしいようなとこを描く監督さんかなぁという印象があります。。。
そゆとこがヨーロッパ受けするとこかしら??

けっこう好きなユ・ジテがおっさんくさい太り方してて(若いシーンはそこまで太くないので役作り?)一瞬誰だかわからなかったのがとてもショックでした*-*

けどホン・サンス。。。
キム・ギドクよりは好きだわ☆

映像とかの撮り方がPOPだし、ストーリーに関係しないような些細なシーンとかセリフがけっこうツボなこともあって。
それに2作とも題がとってもあたしにははまってしまう言葉です♪

芸術とか映画の本質とかそんなのわかんない。
すきか嫌いか。
面白いか面白くないか。

ただそれだけで映画を見てるあたしの所感はそんなとこです☆☆
[PR]
by spanishapartment | 2007-07-01 21:12 | 韓国


<< ピアノを弾く大統領 遠足♪ >>