大事な言葉

大切に大切にしていた大事な言葉
あの人が私を喜ばせてくれたひとつの言葉
何度も何度も思い出しては悲しいときに使った言葉
今日限りでもう忘れようと思ってる
たぶん あの人は
もう忘れているだろう言葉

私がもうすっかり忘れていた
いつか私がいったという言葉を
あなたは大切にもっていて
私をおどろかせた
(銀色夏生)

高校時代のクラスメートが、大学に入ってからの3年間気になる存在でした。
高校時代はそこまで親しくなかったんですけど、卒業してから何だかいきなり普通に話せるようになったんです。長期休みとか必ず集まるんですけど、色々話したりしてすごく距離が近くなって、気になるようになりました。
と、ゆーのもこの人、あたしにだけ、というのではなく、しかも無意識に、その気にさせるのがうまい人なような気がします。
昔あたしが言った些細なこととか憶えたりするんです。
この詩に出逢ったのは高校の図書館。
この詩を読むと、思い出すのは彼です☆★

今他の人が好きでも、将来運命の出会いをしても、この詩は彼の詩としてあたしの中に残るんだと思います。
[PR]
by spanishapartment | 2005-06-13 22:26 | 今日の言葉


<< いっただっきまぁ~す 発情期 >>