2005年 07月 07日 ( 3 )

仲直り

ケンカしたら必ず彼は出てってしまう

知らない人の淹れるコーヒーが
無性に飲みたくなるらしい

あたしは、というと
仕方ないから歩いて帰るの
こんなにも
“とぼとぼ”という言葉が似合う奴はいないってくらい

道についた
涙の跡を辿ってきてね

コーヒー飲み終わってでいいから
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-07 19:10 |

SMILE!!

マラソン
~生まれてきてくれて、ありがとう。
笑顔をくれて、ありがとう。~
~みんな、誰かの一等賞。~


ストーリーは『身体は20歳、でも心は5歳のチョコパイとシマウマと走ることが大好きな主人公。自分がいないと生きていけないと思う母は息子より1日長生きすることを願いながら、息子の得意なことを伸ばしてあげようと他の家族を省みず必死になっている。しかしある日、息子の一言から、昔の母の秘密が明らかになり・・・』というものです。


すごくすごくよかったです><!!

スンウさんが、スンウさんじゃなかったです。もう自閉症を持ちながらも純粋でかわいらしいチョウォンにしか見えませんでした☆★☆★
(ちょっとSMAPの剛くんに見えることはありましたが・・・↓)
d0066990_18515336.jpg


純粋で無邪気ゆえに周りの人にはわかってもらえないこともたくさんあるけど、ほんとに息子が大切な母の姿がとても苦しかったです。
わたしはまだ母という存在になったことがないので、ほんとに理解することはむりなのかもしれませんが、すごく母の苦しみが伝わってきました。

またマラソンの監督がすごーくいいです!!!
めちゃくちゃかっこいいって思っちゃいましたモン♡♡

あと映像がめちゃくちゃきれいでした!!!

韓国映画のいいところって、シリアスなテーマでもちゃーんと笑いがあるところだと思います^^
今回も健常者と障害者の感覚のズレをうまーく優しくて温かい笑いにして挟まれていました☆

とっても笑えて、とっても切なくて悲しい気持ちになって、でも爽やかに終わって、優しい気持ちで映画館を出られた映画でした。

障害を持つ人の映画って、日本では難しくてなかなか製作されないですよね?でも韓国ではすごーく自然に登場してるんです。障害をテーマにした映画だけでなく、ちょっとした役とかでも登場するんです。
そういううまさがあたしはすごくいいと思います。
あたしのいとこも難聴なんですけど、他の人にそれを言うと「大変だね」という言葉以降その話題を避けようとします。でも、大変だけど、それだけじゃないんですよね。聴こえるに越したことはないけど、楽しいことも嬉しいことも、おいしいとかそういう気持ちももちろん持ち合わせてるんです!そういうことを伝えてくれる映画をもっと見てみたいって思います^^

最後のフルマラソンシーンがとにかくステキ☆★☆★
今友達に「何か良い映画ない?」と聞かれたら、絶対「マラソン!」って答えます♪
(マイブラザーもオススメしちゃいますけどね^^)

d0066990_1843156.jpg

これがパンフの表紙です☆光ってるのは、あたしの撮影ミスじゃないですよ?!
マラソンのポスターがイマイチだったので、もしそれが表紙だったらどうしよう・・・ってちょっち不安だったんですけど、安心しました^^このスンウさん、かわいいですよね?!
800円って高くない?!と思ってましたけど、フルカラーで写真がどれもステキなのでよしとします♪『マラソン トリビア』とか『キムパップ(韓国海苔巻き)の作り方』までついててお得感たぁっぷり☆★
映画を見られて、「よかったぁぁ!!」って思った方は、ぜひ購入してみては?

ちなみに↓は韓国のビラです^^韓国はパンフ販売がないので、ビラがすごーく充実してます。タダでもらってもいいの?って申し訳なくなるくらい^^;
映画を見なくても、映画館の前に置いてたりするので、韓国へ行った際にはもらってみてください♪映画好きの友達にはいいおみやげになると思います☆★☆★
d0066990_18583265.jpg

原題の「マラソン」の綴りは間違ってるそうです。チョウォンが間違えて書いた綴りをそのまま題にしてるそうです^^
そういえば字幕では「まらそん」って訳してましたね~。見に行く前にこの話を聞いてたので「アラソン」とかって訳すのかな?なんて思ってたので「おぉ~!!」と思いました。字幕考える人ってすごいですね~☆

今日のデザートは「スモモ♡」
見た人にだけ、わかる話♪
d0066990_18523472.jpg

公式HP↓
http://www.marathon-movie.com/
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-07 18:58 | 韓国

母と息子の三角関係?!

マイブラザー
~12歳の時は嫌いだったけど、20歳の今は僕の全て。~
~いつもそばにいたから 気づかなかった。
僕達の間には、強い絆があったことをー~



ストーリーは『障害を持ちながら勉学優秀で優しく、母の愛を一心に受ける兄に嫉妬する弟と、寂しさからではありながら、自由奔放に生き、強くて快活な弟を羨ましく思う兄。ケンカをしたり、助け合ったり生きることに一生懸命だった2人。いつかきっと笑い合える日が来ると信じて・・・。』というものです。


邦題は「マイブラザー」ですが、原題は「ウリ ヒョン」=「ぼくたちの兄ちゃん」って感じです。でも物語はウォンビンの目を通して語られます。
そーいえば「ブラザーフッド」のパンフにちょこっと紹介されてたので、載せます。↓
「ウォンビンの次回作は『うちの兄貴』。再び兄弟物となるが、今回はコミカルでハートウォーミングなストーリー。優等生の兄(シン・ハギュン)を困らせる、ケンカが強くてやんちゃな弟を演じる」


ウォンビンの学ラン姿があまりにも違和感ないので、ハギュンさんの学ラン姿がちょっと痛々しいですけど、すぐ見慣れちゃいます^^ハギュンさんも笑顔は幼いですしね♪

母親のハギュンさん溺愛ぶりにちょっとびっくりしますけど、だんだん3人の関係がわかってきて、3人もそれぞれの気持ちがわかってきて、いい感じになってきたのに・・・。
誰もが悪くて誰も悪くないこと・・・それってことが起きてからではどう悔やんでも悔やみきれないと言うか、この気持ちをどうしようもないって感じてやりきれないです・・・。

みんなが幸せになりたくて、自分の大事な人を幸せにしたくて、一生懸命なだけなのに。


この映画のためにウォンビンは訛りを完璧に習得したそうですけど、ウォンビンが下品な言葉をいっぱい使うので韓国の試写会ではみんな大爆笑だったそうです。対して言葉のわからない日本の試写会ではみんな涙の洪水だったらしいです☆
ちなみにあたしも言葉がまったくわからないので、大号泣でした☆

すごく映像もきれいだし、ストーリーもよかったです☆★☆★

だたひとつ気になることはパンフの作り方。。。
d0066990_1811356.jpg
表紙はウォンビンONLY!

d0066990_1814138.jpg
真ん中の一番開きやすい見開き1ページはウォンビンばっかり・・・。
せめて半ページでもいいからハギュンさんもあるかなぁと思いつつページを進めてみたけど、ありませんでした・・・><
ウォンビンのアイドル映画じゃないのに・・・ストーリーがいいだけに、なんだか残念↓↓
ウォンビンファンばっかを狙ってるみたいでちょっちヤな感じでした・・・。
あと、ウォンビンの友達がこっそりいい人で気になってたのに、最後消えちゃったので気になります・・・。2人の幼馴染みのドゥシクのその後とか・・・。

この映画のキーポイントは「VURBERRY」かな。←綴りミスじゃないですよ?!

公式HP↓
http://www.my-brother.jp/top.html
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-07 18:11 | 韓国