2006年 01月 18日 ( 1 )

手帳の一息☆★

昔は派手派手な手帳を買ってたんですが、大学に入ってからは大人っぽい手帳に憧れて、中に柄も色もついてない手帳を買うようになりました☆☆

だけどやっぱり地味なのは寂しくって・・・^^;
自分でシール貼ったり、好きな言葉を書いたりして、自分色の手帳を作ってます☆☆

今年は新☆社会人の年なので、前向きな言葉を多く入れました♪


“to err is human-but it feels divine”
→失敗するのが人間-だけど失敗っていい感じ

“when nothing is sure, everything is possible”
→確かなものが何もないとき、すべては可能性の中にある

“私の耳は貝のから 海の響きをなつかしむ”  ジャン・コクトー

↑この3つは毎年必ず手帳に載せる言葉です☆★☆★


“人に勝つということは、人を許すということですよ” 手塚治虫

“君にふれると 死んでしまった木も 生きかえるんだね” やなせたかし

“たくさんあると、それをあまりほしくなくなる。
人が月へ行けば行くほど、わたしは木をみていたくなる” オードリー・ヘップバーン

今年は新しくこの3つ↑を足しました^^♪


キレイな言葉、ステキな言葉を手帳を開いたときに一息つきながらみると、ふっと落ち着きます><☆☆

そんな言葉、もしあれば教えてください♪♪
[PR]
by spanishapartment | 2006-01-18 22:41 | 日記