カテゴリ:映画( 41 )

ジェイ様発見☆☆

”頭文字D THE MOVIE”


ずっとずっと見たかった頭文字D!
といっても車にも走り屋にもまったく興味も知識もなくて、原作もアニメも見たことないんですが・・・^^;

それでも映画館に行こうとしてたほど見たかった理由はただ1つ!
ジェイ様です~><♪♪

やっと昨日見ることができました☆☆

またまたジェイ様の印象ががらり!と変わってしまいました~!!

いきなりキスされてじたばた落ち着きのない手とか、思い出し妄想にぽわ~んととろけそうになっちゃってたりとか、もうかわいくってたまんなかったです><☆☆

それに対して杏ちゃん。。。
あたしの中で杏ちゃんて、今時の子っぽくないってゆーか、あんまりきゃぴってないイメージだったのに、ギャルな役だったので(見かけはいつもと一緒ですけど^^;)なんだかおかしかったです*-*;
異常に制服のスカート短いし。。。

ポスター見たとたときから『竹野内くんに似てるな~』って思ってたショーン・ユーはやっぱり竹野内くんでした☆☆
もちょっとさっぱりさせた感じで、男前~♪♪

でもこの映画で一番男前なのはジェイ様演じる拓海のお父さん!
アンソニー・ウォンのめためた渋くてすんごいダメっぷりな親父にやられてしまいました~☆
だめなだけじゃないんです~☆☆

車に興味なくても、走り屋がわかんなくても、原作知らなくても、男前だけ楽しんじゃえばいーじゃんいーじゃん!
て、ことで。。。
ただジェイ様見るだけの楽しみのつもりで借りたDVDでしたが、意外とめいっぱい楽しんでしまったあたしでした0^^0
ストーリーも車や走り屋について知らなくてもわかるよーにできてましたよ♪
[PR]
by spanishapartment | 2006-06-11 16:39 | 映画

愛は言葉を越える?

about love

珍しく韓国ではない、アジアの映画です☆☆

3部作で、ちょこっとずつ出演者に絡みもありつつ。。。

東京と上海と台北が舞台の初々しくて、切なくて、可笑しい愛の物語。。。

これ、前にどっかで見たチラシの写真がすごーくステキで絶対見たいって思ってたんです!!
それぞれ舞台となる都市のポストを挟んで主人公の2人がいるんです☆
探したけど見つけられなかった~。。。


出演は伊東美咲、加勢亮、塚本高史、チェン・ボーリン☆
ほか女性2人は知りません~*-*
でも加勢くんと組んでた彼女はすっごいきれいな体してました(って服の上からだけど。。。)
塚本くんと組んでた彼女はいくつなんだろ?
すっぴんに近い感じで出てたのと役柄的に幼く見えて、とっても透明感のある感じ☆
でも化粧してる顔を違うとこで見て、意外に大人っぽくてびっくりしちゃいました^^;

ストーリーは3つに共通して言葉が通じない3組の若い男女の恋模様なのかな??
実はそこまでおもしろい!って感じでもないし、すすめたーい!とかもう1回見たーい!とかないんですが。。。
1回は楽しめました☆

東京編に大好きな漣さまが出ててサプライズハッピー♪♪でした0^^0

上海編はちょっぴりラスト切ない感じ☆☆
台北編は2人のやり取りが可笑しくって笑ってしまいました><♪

6人の若手実力派と呼ばれる人々の共演を楽しむのも、いーかもしれません~^^
[PR]
by spanishapartment | 2006-06-03 14:14 | 映画

西島くん☆☆WITH スピッツ

“海でのはなし。”


スピッツのコンプリート・シングル・コレクションのCMが大好きです♪
最近では西島くんが大きな声で歌いながら道を歩くバージョンが流れてますよね~^^

ストーリー調でステキだし、もしや最近はやりのCMの完全版がインターネット上では流れているのでは?と思い調べたら、YAHOO!でショートムービーが公開されてました♪♪

宮崎あおいちゃんと共演してます☆☆

この西島くんがまたまたステキなんです~><♪♪

物理の非常勤講師で、細身長身かつ知的な雰囲気に白衣がよく似合うこと!

正直で不器用で、弱くて情けなく見えるけど実はまっすぐで強いとゆー人柄をうまくうまく表現していて、はまってます☆☆

ますます好きになりました0^^0ぽぽぽっ

ちょっとしたセリフとかがとってもステキなんです~!!

映像はちょっとぶちぶちきれる印象もあったんですが・・・*-*
BGMは当たり前だけど全部スピッツ!
スピッツ好きにはたまりません~^^

今月末までの上映なので、興味のある方は見てみてくださーい☆★
http://streaming.yahoo.co.jp/c/y/mic/10007/1000700026/
[PR]
by spanishapartment | 2006-05-14 14:26 | 映画

レイトショーにはまりました☆★

“V フォー ベンデッタ”

見ました・・・
が、あたしの選択じゃないですよ???

レイトショーに憧れて行きたくて行きたくて、で、友達が連れてってくれることになったんですけど、お互い見たい!!って映画がなかったんです^^;
徳島って映画館が2つしかないから、ほんとに上映されてる映画が少ないんです*-*

そこでお互い見るとしたら何かを言い合うと、当たり前のように別れました+-+;

そうなると方法は1つですよね??
そう、じゃんけんです。。。

で、負けました><0o。

この映画ってポスターが怖いのでホラーかSFだと勝手に思いこんでました^^;
友達にあらすじ聞いてもはっきりしないし。。。

何か、感想を聞かれても何とも言えないですね^^;

意外と長くて、しかも朝から炎天下外で遊んだ後だったので疲れててちょっと頭が痛いまま見たんですけど、どーなの?みたいな。

まずしっかり話を理解できてない気がする。。。
でも眠くなったりとかなかったんで、けっこう集中はしてたのかもしれないです☆★

まぁはっきり言えることは、『じゃんけんで負けでもしない限りテレビでしててもDVDがレンタルされても見なかっただろうな~、この映画のあらすじ知ってても。』って感じですね~、あたしは。。。

それなりに面白かったし、金返せ~!てほどでもないけど、だからってやっぱりお金払ってまで見て良かったってわけでもなく。。。

最後に一言だけ。。。
ナタリー・ポートマンはサイコーにきれいだったです☆★☆★


映画より人生初のレイトショーに大コーフンだったあたし^^;
だって空いてるし~安いし~。。。
とっても楽しかったです☆★
絶対また行きたーい!
[PR]
by spanishapartment | 2006-05-06 12:46 | 映画

マツケンのAWA DANCE♪♪

バルトの楽園ですが。。。

まだまだ一般公開は先なので、ストーリーに関して言うわけにはいきませんよね^^;

なので徳島県民として気になったところを少しだけ☆☆

マツケンは会津出身の役だからか、阿波弁(徳島の方言)は使いません。
が、郵便配達少年が少しだけ阿波弁らしき言葉をしゃべりました。
そこで会場は爆笑!!

でもその後『家政婦は見た!』の人。。。
あ!市原悦子!がこってこての阿波弁をしゃべるので、さっき以上に会場は大爆笑の渦に包まれました^^;
こんなの地元じゃないと起こらない笑いだと思いますが。。。

もしこの映画をごらんになる方がいたら、そこらへんも注目してみてください~☆☆

ちなみに市原悦子はとってもおっとりしゃべってましたけど、早口のあたしはあんなにゆったりとした印象は与えられません*-*
なのでこの映画を見て阿波弁てゆったりしてるの?とゆー印象をお持ちになった方は誤解しないでくださいね^^;

阿波弁は文末に『~じゃ』、とか『~じょ』とつけるので、県外に出るとよく『じいさんみたい』とか『旗坊』とか言われました^^;
また『~だから』を『~やけん』というので九州とか広島出身とも間違えられることが多かったです☆☆

マツケンがマツケンサンバ4として阿波踊りを取り上げてくれるらしいので、そんなこんなを機に徳島がヒューチャーされたらいいな~とほんのり思います☆☆
[PR]
by spanishapartment | 2006-04-22 14:45 | 映画

×大工→○第九

徳島が舞台の映画『バルトの楽園』の一般試写会に当選したので行って来ました~☆

一般試写会はこれが初めてだそうです0^^0

しかも監督と、『SAYURI』で大注目となった大後寿々花ちゃん、そして・・・平田満さんが来てました~><きゃ~!!!

映画よりも彼が見たくて応募した試写会。。。
TVと一緒で穏やかでゆったりとしたしゃべり方、優しい雰囲気。。。
とってもとってもステキでした~☆★


映画については。。。
あ~もう寝なくちゃ明日起きられないので、また後日!


徳島では先行上映されますが、全国では6月に公開みたいです☆★
しかもこの映画のドイツ軍の司令塔?役はドイツだけでなく世界でも有名な俳優さん(『ヒトラー最後の12日間』でヒトラー役だった人、ブルーノ・ガンツさん)も出演されてるとゆーことで、ドイツでも同時公開されるらしいです*-*

そして6月のドイツと言えば。。。
サッカーワールドカップですよね~?
それを目的に集まった世界中の人々に徳島をアピールするため、阿波踊り隊を6月、ドイツへ派遣するそうです*-*;;

めったに徳島がアピールするチャンスがないので、ここぞとばかりだなぁと思いながらも頑張ってもらいたい愛県家のあたしです^^;

ステキなところがいっぱいあるのに、宣伝下手なとこも不器用でかわいくて好きだけど、そんなこと言ってる間に日本で1,2を争う田舎になってしまいましたからね・・・^^;

と、ゆーわけで、みなさん6月は映画館へ足をお運びください~☆★
[PR]
by spanishapartment | 2006-04-18 22:25 | 映画

タッチと名乗らないで!

タッチ
~いつでも一緒だった・・・三人で描いた夢。届けたい、この想い~



台湾へ行く飛行機の中で見ました☆★
原作の大ファンとして映画館へ行こうという気持ちと、キャストが正直誰もイメージかぶらないとゆー不満とで、結局行かなかったこの映画。

やっぱり見ててもいまいちあたしの中の3人(たっちゃん、かっちゃん、南ちゃん)がイメージと違って。。。
さらには3人の親たち3人もやぱり、イメージと違うんですよね・・・><;

一番イメージとかぶったのは原田役のRIKIYAかな~・・・なんてくらい^^;

映像もストーリーがブチブチきれる印象で、ちょっとわかりにくかったです*-*

かっちゃんの事故のシーン辺りはやっぱり涙が出てしまいましたが、見てる映像とゆーより映像を見ることによって漫画のあのシーンが頭にフラッシュバックして、涙がでてしまったって言った方が正しいかも。。。

それに漫画ではかっちゃんが死んじゃったシーンより、その後涙も見せないで空元気するたっちゃんの姿が印象的だったんですが、それもナシ!

南ちゃんが河川敷の橋の下で泣くシーンも一応あったんですが、映画では河川敷のシーンはなく、全部高架下に置き換えられてます*-*;
河川敷では印象的なシーンが多いから、ちょっと納得いかない。。。
それにこの南ちゃんの涙も、長澤まさみちゃんの声だけ最初聞こえたとき泣いてるとは思わなかったです。
一瞬お産でもしてるのかと思いました@-@;

『世界の中心で愛をさけぶ』で初めて長澤まさみちゃんを見たとき、すごくいいなぁと思ったけど、今回はあんまり演技的なことわかんないけど、いいって全然思わなかったです・・・><

たっちゃんと孝太郎の和解シーンとか、かっちゃんが投げさせた球のシーンとか、けっこうジーンときちゃったんですが。。。^^;

ラストも名セリフ『上杉達也は朝倉南を愛しています、世界中の誰よりも』に何故か南ちゃんが『ありがとう』なんて返事しちゃうんだもん*-*;
ちょっとげんなり。。。

やっぱり実写ってイメージと崩れちゃうから、期待したり見たりしない方がいいんだなぁって思いました><

3回も泣いておいてなんですが、タッチファンとしてはいまいち!!!
[PR]
by spanishapartment | 2006-04-02 18:14 | 映画

白い嘘のお話☆☆

ホワイト・ライズ
~悪意のない、嘘~



実は・・・高校時代ジョシュちゃんが大好きで・・・^^;
最近はあたしの中でブームも落ち着いてたんですが、動く姿を見るとやっぱり好きだと思ってしまう☆★
何が?どこが??と聞かれると・・・顔もあたしのタイプとはちょっと違うし、声も低すぎて何言ってるかあんまりわかんないし(てか英語がわかんないんですが。。。)何なんだろ??
でもちょっとしたときに目を細める、その瞬間がすごい好きって思います☆☆

このお話はラブストーリー?
だけどちょっとミステリアス&サスペンス。

余談ですけど、この間新聞読んでて知りました。
サスペンスって殺人事件とかが絡んだ意味ではなくて、宙ぶらりん、最後までわからないって感じのニュアンス、意味だとゆーことを。

なのでこの映画はだれも死なないし、おそわれないし、危険な目にも遭わないけど、サスペンスの部類に入るんだと思います★

過去と現在が行き来して、映像も1つの画面が色んな角度から見えたり、色んな人の視線から見えたり、凝ってました☆
過去と現在が行き来するから余計に謎めいて見えました。

結局は『愛しすぎると人間って何するかわかんないよね~』って話なんだけど、結構面白かったです♪♪

ストーリーには全然関係ないけど、大の大人の男の人がニットのミトンの手袋して顔を覆ってるのを見て、めちゃくちゃかわいい☆☆って思いました><♪
好きな人ができたら、ぜひぜひプレゼントしてみたいわ~!
でも体が大きな人じゃないと意味ないです^^;そのギャップがかわいいんです~♪♪

あとラストシーンで流れる音楽がとってもステキだったんですが、誰の曲とか題名とかまったくわかりません↓↓
それにしてもラストシーンはちょっと長すぎじゃない?ってくらいの抱擁で、正直もういいよ、と思ってしまいました・・・*-*;

最初っから色んなとこに伏線ってゆーか、後から見るとあ~!ってシーンがいっぱいで、そーゆーのが好きな人にはお薦めです^^

リサ役の女の人がべっぴんさんで、ジョシュちゃんでなくても一目惚れしちゃうかも~><

そしてキーマンとなるアレックス役の女の子も、ちょっと自信なさげとゆーか、根暗チックなとこをすごいうま~く表現してました☆
だって表情が根暗っぽく見えちゃうんだもん!

久々の欧米人の映画☆
最近韓国映画ばかり見てるので、画面に金髪碧眼、彫りの深い顔の人たちが溢れると疲れてしまいがちだったけど、今回は大丈夫でした☆★
やっぱり偏らずに見ていきたいですね~^^
[PR]
by spanishapartment | 2006-03-17 18:41 | 映画

初めての井筒体験☆★

パッチギ
~世界は、愛で変えられる~



ずっと見たかったパッチギ!
やっと見ることができました☆★

井筒監督作品はそういえば初めです。
男の子って井筒監督のナンとか愚連隊みたいなやつ、好きな子多いですよね~??

『日本版ロミオとジュリエット』みたいな文字を見たことがあったんですが、恋愛がメインではなかったです。

とりあえずケンカのシーンがすごい迫力&リアルでした*-*;
そして出演者がすごくよかった☆★

主人公の塩谷瞬はちゃんと見たことないけどすごくナヨナヨしたイメージがあったんですが、今回の役にぴったりだと思いました。
純朴そうで、素直そうで、まっすぐなところとか☆

朝鮮学校の番長以下3人組も個性的で、面白かった!!

在日朝鮮人についてはあたしはとても勉強不足なので、ここで語る資格は全くないのでいいません。
あとこの時代はまだ生まれてないどころか種でもなかったので、その時代に流行ったであろう人やらモノやら出てくるんですが、それもこの時代に生まれ育った人よりは楽しめなかったです*-*まぁ仕方ないですけど^^;

出演者には『あ~!』なんて人もけっこういて、うれしくなったり♪
(特に昼ドラ『ドレミソラ』に出てた家族思いの男の子を久々に発見してコーフンしてしまいました♪今回なかなかキーとなる役で☆★いしし)

在日朝鮮人の問題について知識のある方はこの映画がいいのか悪いのか、ということを書いてますが、あたしはただ単に自分が楽しめたか楽しめなかったかで言いたいです。

面白かった!!!
めちゃくちゃ面白かった!!!!!

笑ったり、ほろりとしたり、涙が流れたり。
でも最後は爽やかな気持ちです☆★

ERにも映像があったのに、あたしのパソコンとDVDの接続がいきなり悪くなって見られなかったんです><それが残念でした*-*

あたしの好きなシーンはアンソンがパパになるシーンかな☆☆
そこでの仲間とのやりとりがおもしろくってステキでした☆★

井筒監督といえば、近所に住む友達のパパそっくり!ってイメージだったんけど、おもしろいのね~♪♪
『ナンボDEナンボ』(関西だけしかしてないのかな?この番組)で毒吐いてるおじさんだと思ってたわ~^^;ごめんなさい・・・
[PR]
by spanishapartment | 2006-03-10 17:11 | 映画

結婚する人、しない人

モナリザ・スマイル


見たいと思ってはいたけど、なかなか借りられない映画ってありますよね??
これもその一つで、いつも後回しになってたんですが、借りたかったのが全部借りられてたので、ついに借りることになりました☆★

最初ジュリア・ロバーツが映ったとき、正直『年取ったなぁ』って思いました*-*
でもポロックの絵を見に行くシーンで、めちゃくちゃかわいい♪♪って思いました!!
黒のベレーちっくな帽子にふんわりパーマをさらりと垂らしてるだけ。
でもかわいかったぁ><☆★

あと雪で滑って転けるシーンの顔もすんごくかわいかったです^^

今回は時代物で、女が大学に行くことは許されても、卒業後すぐもしくは在学中には結婚をして家庭に入り、夫を支えなければならなかった時代の話です。

女性の社会進出がこれだけ進んだ今でも、『働きたくない~家庭に入りたい~』なんて言ってるあたしですが、この時代に生まれててもやっぱり『女は家を守れ』みたいな考え方に疑問を持たなかったのかなぁ??
でも今、家庭に入っても好きなことをやろうと思えばできるけど、この時代は夫の出世を支えるためだけに存在してるような教育をしてるので、もしかしたら反発してたのかもしれません*-*

この映画では4人生徒をメインにジュリア・ロバーツは関わるんですが、その中でもキルスティン・ダンストが最高に嫌な生徒なんです><!
こんな生徒がもしいたら、いらちですぐ怒るあたしはきぃ~!!となってます・・・
やめるの覚悟でやり合います・・・
またキルスティン・ダンストが三白眼みたいな目してるから、イヤミな役がよく似合う!
チアーズを見てこの子のこと好きになってたのに、またイライラしちゃうくらい嫌なヤツがはまってました^^;

『O(オー)』を見てから大好きなジュリア・スタイルズが才女として出てます☆★
賢い上に人を思いやれるし、ステキな彼氏はいるし、とってもキュートな役所・・・だけど何だか前見たときよりおばさんくさい・・・@-@;何故?!

あとマギー・ギレンホール!
あたし彼女を見ると誰かを思い出しそうになるんですがいつも誰だかわかりません+-+
あと赤毛でもないのに、彼女を見ると『赤毛のアン』って感じがするんですよね~☆☆
とびきりの美人ではないと思うけど、何だかとても好きです^^

今回初めて知ったジニファー・グッドウィンも、ちょっぴりぽっちゃりして、いつもキルスティン・ダンストに意地悪される女の子をかわいく演じてました☆☆
何だか恋に奥手で、でも夢見てて、いろんな女の子の共感を得るんじゃないかな~って感じです。

ストーリーは斬新でもないし、へ~って感じですが、あたしは楽しめました^^
でもラストが意外とあっけなくて、さら~ってかんじでした・・・*-*
授業のシーンとは結構おもしろくって、あたしもこの大学なら受けてみたい!ってくらいなんですが、ジュリア・ロバーツがいつ心変わりしたのかとか、ちょっと急展開なとこもあって・・・+-+

ERの映像がけっこう面白いです☆☆
そのとき出るキャストも文字の周りを彩るバラの出方がステキ☆☆

見ても楽しめるけど、見なくてもいいかもね~な映画でした^^;

映像特典に生徒4人がアートについて語ってる映像があるんですが、そのときの4人が映画の中より断然べっぴんなので、びっくりしました@-@!
特にジュリア・スタイルズとジニファー・グッドウィン!
ジニファーなんて今回初めて知った女優さんだったので、同一人物とは思えないし、最初は気づかなかったくらいです^^;

あとその映像特典でジュリア・ロバーツのルームパートナーがマーシャ・ゲイ・ハーデンだと気づきました*-*
かなり出てるのにまったく気づかなかった・・・!
初めてみたのが『スペース・カウボーイ』で角角した顔なのに、それを強調するような、前髪ぱっつんのおかっぱで『なんだこの人は・・・?!』と思ってたら大好きなトミーと恋仲に・・・
そのときの印象が強烈すぎて、忘れられない女優さんだったのに・・・
やっぱり女優さんて・・・すごいわ*-*
[PR]
by spanishapartment | 2006-03-06 13:44 | 映画