カテゴリ:映画( 41 )

スペイン→ロシア→中国→??

あたしが大好きだと度々言ってるロマン・デュリス♡

彼に出逢ったのは“スパニッシュ・アパートメント”なんですが・・・
何と来年続編が公開されます~♡♡♡

舞台はロシア!!!
これまたあたしの大好きな国です☆☆☆

題は“ロシアン・ドールズ(les poupees russes)”というそうです^^☆
ロマン・デュリスはもちろん、前回のおなじみメンバーも顔を出すみたいなので、めちゃくちゃ楽しみです~><♪♪
d0066990_18351893.jpg

↑ポスターにも見た顔がちらほら、見えますよね^^♪

さらにはその続きもあるみたいです*-*!
“Le casse-tete chinois”・・・次は中国?!
casse-tete chinoisは木片で出来た中国のパズルで、比喩的に「難題/厄介な問題」の意味で使われるフレーズらしいです☆☆
グザヴィエの悩みは尽きないのでしょうか^^;??

d0066990_18464898.jpg


何はともあれ楽しみです♪♪
[PR]
by spanishapartment | 2005-10-21 18:46 | 映画

ルッパァ~ン♡♡♡

ついに見てきました!!“ルパン”♡♡♡

いつもならこーゆー映画は映画館にまで見に行くってことないんですけど、ルパンをロマン・デュリスが演じるのでめちゃくちゃ見に行きたい~><!!って思ってました☆☆

実はあたし、ルパンどころかルパン三世すら見たことも読んだこともないんです・・・^^;
一緒に行った友達もルパンを読んだことなくて、そろって基礎知識すらなし*-*

映画は『めちゃくちゃおもしろ~い!また見た~い!!』と心の底から言えない感じでした><
3作を原作として作られてるらしいんですけど、やっぱりそれを読んでから見たらまた違ったかもしれないと思います☆☆
ちょっと展開についていけないところとかがありました*-*
意外に残酷なシーンもあって、ちょっと目を覆っちゃったり・・・><

衣装はめちゃくちゃステキ!!
ロマン・デュリスとカリオストロ伯爵夫人であるクリスティン・スコット・トーマスが衣装をたくさん着替えるんですけど、かなり見ものです☆☆
ロマン・デュリスが着替えるたびにぽわぁぁぁ~ん♡♡♡となってしまいました^^♪
d0066990_2221459.jpg


脇を固める男の人の衣装もかなりステキです☆☆
特にボーマニャンがフロックコートを着てることが多いんですけど、演じてるパスカル・グレゴリーの体型がよいからなのか、めちゃくちゃ着こなしててステキなんです♡♡
ちなみにこのパスカルさん、ブルース・ウィリスとかキーファー・ザザーランドに似てます☆☆↓
d0066990_22205070.jpg


舞台もすごいんです!
ルパンのお母さんが眠るお墓があるあの断崖絶壁はどこなの??って感じです。
崖が真っ白であそこに立つのは高所恐怖症のあたしでは無理かもしれないですけど、行ってみたいです☆☆
それとパリのオペラ座!!オペラ座はそのままにオペラ座広場が土になってたので、めちゃくちゃお金をかけてオペラ座を複製したのか、はたまたCGか?!なんて思いながらみてたんですけど、何と!!本物のオペラ座の前に土を敷き詰めちゃったらしいです*-*;;
スゴイ!のひとことですよね~@-@

父の教えの通り完璧なのかと思いきやルパンもルパンに色々教え込んだお父さんもなぁ~んかツメがあまいとゆーか、最後の最後でちょこっと抜けてておかしいんです☆
ルパンの盗みのテクニックもみんな気づかなすぎてちょっと笑えます^^;
でもスマートでダンディーなだけじゃない、ちょっとお茶目で抜けてるルパンがよりかっこいいんですよ~♪♪

最後息子を奪われたのに結局探さないのとか時間経過とかちょっとわかりにくいところもあったんですけど、けっこう満足はしてます☆☆ロマン・デュリスかがっこよかったので♡
好きな俳優も出てなけりゃ、ルパンも知らないって人にはどうとも言えないんですが・・・^^;
しかもめちゃくちゃ長いですから・・・*-*

とりあえず原作となった3作から読んでみようかな♪♪

d0066990_22212189.jpg



ロマン・デュリスのアルセーヌ・ルパン☆☆
彼はあたしの心も盗んで行ってしまったようです♡♡♡

d0066990_21544863.jpg

↑パンフの表紙です☆韓流とは違って600円と良心的とゆーか妥当な値段♪
中はカラーのページやインタビュー、写真が充実しててなかなかでした^^♡
[PR]
by spanishapartment | 2005-10-15 22:22 | 映画

妊娠って幸せだけど・・・これはどう??

独身で妊娠・出産の経験がないあたしがゆーのもなんですが・・・
大好きな人の子どもを身籠るとゆーのはそれはそれは幸せな気持ちの約10ヶ月だと思います♡♡♡

でも・・・もしそれが27ヶ月も続いたらどうでしょうか??

今回はそんな映画のお話です^^
ちなみにホラーじゃないですよ!

題は『三年身籠る』といい、女優でもある唯野未歩子さんが監督を務めています。

“作品は、唯野さんが「赤ちゃんが生まれてすぐに立って歩ければ、子育てが楽ちん」という発想で脚本を執筆。予定日を過ぎても一向に産気づかない妊婦が、戸惑う夫、妹とその愛人らのさまざまな思惑にも悠然と構え、妊娠27カ月を迎えるコメディータッチの物語。”だそうです。

主人公である妊婦をオセロの中島知子さん、そのダンナさんをだぁ~い好きな西島秀俊さんが演じてます♡

”中島演じる冬子は、妊娠9カ月。だが、臨月を過ぎても産気づく気配はない。いつのまにか18カ月目に突入。夫(西島秀俊)は、宇宙人の子供を宿したのではと疑い始める。そうこうするうちにお腹は膨らみ続け、27カ月に。やがて、お腹の中の子供は、泣いたり、笑ったり、怒ったりし始め…。妊娠、出産という人の永遠の営みをモチーフに親、大人になるとは?を一風変わった視点で見つめたコミカルな大人のメルヘンだ。”とありました。

お腹の子が泣いたり笑ったり・・・すごい発想ですよね・・・*-*;
何だかちょっと怖いです~><!

でも予告編を見たんですけど、すごーくポップでコミカルな感じでした♪
予告編を見て、ますます楽しみになってきました~☆☆

見たくて見たくてたまら~ん!!!って方は、今月末から始まる東京国際映画祭でも上映されるので、行ってみてくださいね☆☆

予告は東京国際映画祭のHPで見ることが出来ます^^↓
http://www.tiff-jp.net/index.cgi

一般公開は来年1月からのようなので、あと少しの辛抱だ~♪♪

d0066990_22551354.jpg

[PR]
by spanishapartment | 2005-10-08 22:57 | 映画

人生の休暇

深呼吸の必要
~あたしで、いいんだ。~


大森南朋さんが大好きで大好きで、特にハマりたての時期は大森さんの作品を見あさってました☆
そのときに見た作品です♪

実はチラッと見た「ナースマン!」で香里奈ちゃんが演じてるのを初めて見て、全く演技のこととかわかんないあたしもわかるくらい演技がイマイチ・・・だったので不安だったんですけど、今回はそこまでヘンじゃなかったです^^

大好きな大森さんはちょこっとヤな奴な出だし。けどみんな悩みを抱えてて、それを克服するためにキビ刈り隊に応募してきていて・・・。
けっこう楽しめました♪♪
あえて言うなら、みんなの悩みが段々明るみになってきたから全員の悩みが解決されるのかと思ってたら半分のメンバーだけでした^^;
あと事故って島の医者不在ってときに、メンバー内で医者と看護婦が揃ってるのって出来すぎでは・・・?とも思いました・・・><
でもまぁ、そうじゃなきゃ話が進まないですけどね^^;;

出演者は豪華です☆☆
主人公・香里奈ちゃん、大好きな大森さん、谷原章介さん、成宮くん、金子さやかちゃん、長澤まさみちゃん!!
あたしは知らないんですけど、久遠さやかさんって人も出てました。
この人、ジーンズにおなかのお肉が乗っててとっても親近感♪ショートカットが似合っててかわいかったです^^

この映画でとにかく一押しなのが、ストーリーよりキャストより、映像です!!!
沖縄なので当たり前かもしれませんが、海と空とさとうきび畑と太陽!!!
みんなが青空バックに日に焼けた顔アップでさとうきび刈りしてる映像が特にステキでした☆☆

音楽もいい♪
マイラバの“深呼吸の必要”です^^

おじぃとあばぁの優しさ、自然の大きさ、メンバーとの絆、そして自分で手にした自信で再生していくみんなにとっても気分がよかったです☆☆
自分もキビ刈り隊に入ってみたいと思う反面、本当に大変そうなので「無理だろうなぁ」なんて既にダメダメな気持ちも感じつつ・・・

特典映像のメイキングも楽しめます♪
大森さんが何ゆってるのか聞き取れないのが唯一残念な点です・・・*-*;;

d0066990_21423077.jpg


さとうきびというと昔地元のお祭りでさとうきびを1本まるまる束で置いてあったのを思い出します。
“ご自由にお持ち帰りください”なんですけど、あたしは幼稚園くらいの年齢で初めて見るから母に「甘いんだよ~」と言われても「この枝が??!」って感じでした・・・*-*
で、家に帰ったとたん母がもらってきたさとうきびの皮をぺりっと手で剥いだと同時にかぶりついたんですよ~@-@;;
幼心に「なんだ、この母親は?!」とびっくりしたのを覚えてます^^;
それがあたしのさとうきび初体験です☆☆

母は歯に自信を持ってて、怒ったりしたらおしりに噛み付いたりしてくるんですよ~><
そのたびにさとうきびにかぶりついてたことを思い出します・・・*-*
[PR]
by spanishapartment | 2005-10-02 21:50 | 映画

巴里に恋して☆★

ル・ディヴォース-パリに恋して-
~フランス式恋愛講座~



ケイト・ハドソン、ナオミ・ワッツ、そしてそして大大大・・・好きなロマン・デュリス☆☆
もう見ないわけにはいかない!!!ってことで、見ました♪

でもでも~・・・期待してた展開とは違ったんです・・・><;
てかてか~・・・想像もしない展開へといってしまったんです・・・><0o。

パリに恋して♪なんて言われちゃったら、なんやかんや言いながら楽しいラブストーリーだと思うじゃないですか??!
それなのに初っぱなからナオミさんの旦那は出てっちゃうし、原因の新しい女はまったく魅力を感じない意味不明のテンションだし、その旦那もイっちゃってるし、ナオミさんが嫁入り道具として持ってきた絵はいきなり有名画家の絵疑惑だし、殺人事件起きちゃうし、ケイトちゃんはめんどい相手と愛人契約・・・詰め込みすぎですよ~!!って叫びたくなりました・・・*-*

ちょこちょこフランス人とアメリカ人の文化とか習慣とか考え方とか、そーゆーのの違いみたいなのを見せるんですけど、最初は楽しんでたんですが・・・どれもアメリカ人がフランスの文化や習慣をちょっと小馬鹿にしたとゆーか、おかしいって言ってるみたいに見えて、嫌になりました・・・↓↓
アメリカ人が作った映画だからしょうがないのかもしれないけど、あたし、そーゆーのがすごく引っかかっちゃうんですよ~><;;
でもフランスの産婦人科医が妊婦に酒は少し飲んだ方がいいなんて言うのには、ちょっと呆れましたけどね^^;

エンドロールは文字出方とかバックの絵がすごくかわいくてよかったです♪
そこでキャストの名前見てびっくりしました*-*;;
「パリのアメリカ人」のレスリー・キャロンが出てるじゃないですか!!
未見なんですけど、大好きなマンガに出てきたんですよ☆☆
すっっっっごく古い映画だと勝手に思ってたんで、生きてる、そして思ったより若くいとゆーことに驚きました・・・レスリーさん、失礼しました><!!
どっかで見たことあるって思ってたケイトちゃんの雇い主は「エアフォースワン」で副大統領してた方だし☆☆そうそう、このより目!って感じです^^
何だかとっても豪華じゃないですか~♪♪

ナオミさんもきれいな人だなぁってずっと思ってて、出演作を見るのは初めてなんですけど、ほんとにきれいで飾らなくてステキな人だと思いました☆★
鳥のまねしてる姿には笑っちゃいましたもん!

ケイトちゃんの髪型が途中からすごいことになってて、あたし的にはイマイチ・・・><
でも傘とかコートとか小物がすごーくかわいかったです^^♪

今回は出演者がすごい割に映画がとっても期待はずれだったので、大好きなロマン・デュリス特集しちゃいます^^♪♪
今回はとっても爆発ヘアで出てるんですけど、それがかわいい・・・☆☆
言っちゃえば汚い格好なんですけど、それをさらりと自分の味にしちゃってるんです~☆☆
d0066990_0512012.jpg


d0066990_0522057.jpg
洗濯間違えちゃいました、みたいなTシャツも渋い紫のジャケットもかっこよすぎてめまいしちゃいましたもん!!
d0066990_0543351.jpg

ピアノも弾いちゃうんですよ~☆☆歌っちゃってます♪

最後にこの胸毛!!!!!↓
あたしって・・・、なぜか毛に弱いんですよね*-*;男らしく見えちゃうんです・・・^^;
d0066990_055471.jpg


そうそう!
ナオミさんの旦那さんを演じてた方がすっごく男前でした^^☆
一般的に受けそうな正統派な男前です☆☆
名前はメルヴィル・プポー。笑っちゃいそうな舌噛みそうな名前ですね・・・
「アクが強いフランス俳優の中で、珍しくアクが少ない」って紹介されてました^^;;↓
d0066990_0581510.jpg


今回笑ったのはナオミさんが運ばれる救急車がなぜかセダンだったこと・・・*-*
小さすぎて救急隊員だけでぎゅうぎゅう。ケイトちゃんが乗ろうとしたら止められて「病院で合流してください」って言われてました・・・@-@;
音もピーポーピーポーじゃなくて、何だか変な感じだし^^;

ケイトちゃんが愛人になっちゃうおじさまはほんとにくらっときちゃうくらい渋かっこいい!!
しかもカバンで始まってスカーフで終わる恋なんてお洒落・・・☆☆
全て自分が始めて自分で終わらせる自分勝手な関係なんだけど・・・↓↓

エッフェル塔の内部がスクリーンに登場したのは何と30年ぶりだそうです☆
フランス行ったときは昇らずに写真だけ撮って帰ってきたんですけど、今度は上まで昇って見たいって思いました☆☆
確か3層になってて、1フロアまでは階段で昇ることが出来るんだった気がします。
1フロアって言ってもすごい高さですよねぇ??
あたしめちゃくちゃ高所恐怖症で、万里の長城も途中で断念しちゃったけど、今度行ったら記念に自分の足で昇って見たいなぁって思いました^^♪♪
[PR]
by spanishapartment | 2005-08-27 01:05 | 映画

教育=生き抜く力

あの子を探して
~遠い遠い空の下、元気でいてね、迎えにいくから。~


ストーリーは“舞台は中国の小学校。1ヵ月間学校を離れることになったカオ先生の代わりに、村長から代用教員に指名された少女ウェイ・ミンジ。可愛いけれど、やんちゃで生意気な28人の生徒たち。「生徒が一人もやめなかったら褒賞金をあげる」というカオ先生の言葉を信じて、子供たちを懸命に見張り続けるが、ある日、いつもミンジを困らせていた少年ホエクーが都会へ出稼ぎに出てしまった……。”とゆー感じです。

久々にいい!!って心から思えました☆★☆★

中国ってほんまに今もこんなとこあるんかなぁ?ってくらい荒れた土地と緑の山々・・・にウェイ先生(といっても子ども)がやってきて。勝手な村長さん、優しいカオ先生、やんちゃな生徒28人。
d0066990_1864755.jpg

ウェイ先生=ミンジは最初は50元のために言われたことを事務的にしてるだけ。でもホエクーを探すためにだんだんクラスとミンジが団結してきて、そこからがほんとに引き込まれます!!

これが実話って・・・ほんと人間て便利になるにつれてなくしてくモノが確実にあるなぁって思った。ホエクーもインタビューで答えてたけど、ホエクーにご飯をくれた市場の人々、局長、ミンジをおこしてくれた人、お金を出した人、車に乗せてくれた人、みんなの優しさが暖かい☆★
TV局の受付の人には、子ども相手にそこまで*-*;?!って驚いたけど・・・

ミンジがクラスに馴染むまでのエピソードとして、騒ぐホエクーを取り押さえようとしたミンジがチョークを落として粉々になるシーンがある。そこでの委員長のミンシエンの日記が良かった☆★
「カオ先生はもう使えないと思って私が捨てたチョークを、拾ってきて指にこすりつけてまで書く」
生徒は本当に尊敬できる教師の存在を確実に見つめてるって思った・・・☆☆☆☆☆
やっぱミンシエン、委員長なだけあるわ!!って感じです^^

国旗掲揚のときの行進って、もしや社会主義独特のやつなのかな??何だか小さい子どもが連なって一糸乱れず行進する姿がめちゃくちゃかわいい♪♪
d0066990_1873611.jpg

あとミンジが教える歌とダンス☆
それからクラスで一番小さい子が答えがわからんのに挙手して、「わかるの?」って聞かれたときの嬉しそうな顔☆☆
どんなときでもどんなとこでも子どもはやっぱり天使だと思えるシーンでした^^☆☆

ラスト、l色とりどりのチョークでみんなが一文字ずつ黒板に書くシーンで、ホエクーが“魏老師(ウェイ先生)”って書いてニコニコ^^♪♪
もうこのシーンで悲しくないのにめっちゃ涙がぽろぽろ出てきました><0o。
心が洗われるってこーゆーことなんかなぁってしみじみ思った映画でした☆☆

d0066990_1863326.jpg

[PR]
by spanishapartment | 2005-08-22 18:09 | 映画

映画、ないしょ話

キーワードサーチの“映画館”で27位だったとゆーことで、嬉しいので映画の話を久々にします^^♪

今日もたくさん映画のビラをもらってきました☆★
今日もらった中でいいなぁって思ったのは・・・
Mr.&Mrs.Smithです♪
とってもとってもお洒落じゃないですか??↓
d0066990_18305649.jpg

裏側はこうなってます^^↓
d0066990_18311416.jpg

なんだかピンぼけですが、雰囲気で・・・^^;

でも公開は12月なので、まだまだ新しいビラが作られそうですよね~♪
とっても楽しみ★☆
映画もおもしろそうなので、期待しちゃいます^^♪

あと、今気になってるのが・・・
タッチです★
だってだって~タッチはあたしの愛読書><☆
タッちゃん大好き人間としては、実写なんて見たくなかったワケですよ!!
なのに・・・なのに・・・
南ちゃんもカッちゃん&タッちゃんもあたしの中では彼ら自身であって、長沢まさみや斉藤祥太&慶太が悪いんじゃなくって~・・・
実写しちゃったこと自体が悪いとゆーか・・・
とにかくとっても複雑な気持ちです><;

だいたい3年以上もの話をどーやって1本の映画にしちゃうんだろう・・・
そう考えると色んなシーンがカットされちゃうんだろ~なぁなんて想像して、また悲しくなっちゃいます・・・><0o。
カッちゃん&タッちゃんの制服が学ランじゃないことすら、ちょっと怒りを覚えちゃいますもん!


今日は奥様は魔女のビラもゲットしました^^
前回もらったのは晴れた空にほうきに乗った奥様とダーリンの足だけが見えているモノ。
でも今回はにコール・キッドマン演じる奥様がほうきに乗った全身が映ってて、ほうきから落ちたのか片手でぶら下がるダーリンの顔もちゃーんと見えてます☆☆

ダーリンを演じるウィル・フェレルさん・・・誰??!
なんだかゴリラのような猿人のような顔をしてます^^;でもダーリンは完璧な男前じゃダメなんですよね~♪
これって、昔のTVドラマのリメイクだと思ってたんですけど、違うんですね~☆

普通の恋に憧れて人間界に舞い降りてきた本物の魔女がTVドラマ“奥様は魔女”のサマンサ役に大抜擢されて、ダーリン役の人と恋に落ちてしまうというストーリーのようです☆★☆★

日本でリメイクされたのは見てないんですけど、同時期に夜中再放送してた本家を見てて、すご~くおもしろかったので、ちょっと期待しちゃいます^^♪

ダーリンのおとぼけっぷりが健在なことを祈ります☆☆☆
[PR]
by spanishapartment | 2005-08-17 18:51 | 映画

四国は映画の国になりうるか?!

村の写真集

ご存知ですか??

実はまだ見れてません・・・でもでも!!!絶対見たい作品です★☆
なぜなら・・・あたしは実は徳島出身なのです♪♪

予告編を見る限り、ちゃんと阿波弁でしゃべってるんですね~☆懐かしい言葉がいっぱい^^
友達に言わせればあたしは全く訛りが抜けてないそうですが、自分でしゃべってても「今、大阪弁になってた・・」と思うことが最近多くなってきました。それに姉とかにも「なに大阪弁移っとん?」とか言われちゃいます^^;

この映画、上海の映画祭で賞を取ったんですよ☆★☆★

何だか地元が舞台だと思うと嬉しくなっちゃいますね♪

予告のラストに「徳島先行上映」とあって何だか笑ってしまいました^^;
もうこんな言葉当分見ることないんだろうなぁ・・・なんて。
この文字が全国で上映されたんでしょうか?!とっても気になるところです☆

愛媛は「がんばっていきまっしょい」とか「船を降りたら彼女の島」とかけっこう映画あるし~最近では香川が「世界の中心で愛を叫ぶ」の撮影場所として観光ブームがきてましたよね!
それに徳島も混ぜてほしい~なんて思ってたので、嬉しい限りです^^

韓国の映画が高知で、香川では妻夫木くんの映画が、徳島では第九をテーマにした映画が(徳島の鳴門はドイツ人囚人によって第九が全国で初めて演奏された場所なんです。)撮影されるので、ますます四国ブーム到来?!なんてことになればいいなぁって心から思います♡

だって四国って気温も季節も暮らしやすいし、海も山も川も自然バッチリだし、都会にも近いし、物価は安いし、食べ物はおいしいし。ほんとにいいとこなんですよ?!
特に徳島をオススメいたします^^都会が恋しくなっても神戸・大阪まで2時間ですから♪

とりあえず今は“村の写真集”DVD化されたら、ぜひぜひ見てみてくださいね♪

徳島が生んだ大俳優・大杉漣さんもばっちり出演中です^^☆★

公式HP↓
http://www.murasha.com/
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-20 01:51 | 映画

ラブ♡堤っち

堤真一さんが大大大・・・大好きです><~♡♡♡

今テレビつけたら「GOOD LUCK!」してたんですけど、こーゆー“出来る男”な堤っちより“情けなぁ~い男”の堤っちのがもっと好きです^^

SABU監督作品みたことありますか??
作品自体もすっごく好きなんですけど、出演者も好きな俳優さん女優さん盛りだくさんでウハウハなっちゃいます><☆★

SABU監督作品の「ポストマン・ブルース」が初めて堤っちにであった作品だと思います。
この作品大好き♪この堤っちも大好き♪♪
それから堤っちを追ってます^^

SABU監督作品で一番好きなのはやっぱり「ポストマン・ブルース」です。
「DRIVE」、「MONDAY」も面白いです!
オススメです★☆

ドラマは絶対「恋のチカラ」の堤っちが一番♡♡
仕事に関してはめちゃくちゃ出来る男なんですよ??でも恋愛に関しては全くダメダメ!そのギャップもかわいいし、素直になれないとことか、自分の気持ちにニブニブなとことか、とにかくかわいい堤っち全開です♪
「やまとなでしこ」の堤っちも好きです^^1話目くらいで池に落っこちた松嶋菜々子と堤っちがキスするシーンの堤っちがめちゃくちゃかっこいいです><!!目がたまりません!!それ以上にちゃんと折れてない堤っちのシャツの襟が・・・何でこんなとこが気になるのか自分でも不思議なんですけど、とにかく心奪われちゃったんです~♡♡♡

今堤っちの出てる映画が2作品も公開されてますね!
「姑獲鳥の夏」はなんだか怖そうで・・・でもちょっと見てみたい・・・CMで見る限り面白そうだし~何より和装がかっこいい~><☆☆
「ダディ、フライ、ダディ」はどーなんでしょう??
金城一紀さんの「GO」は読んだことあるんですけど、すっごい面白かったんです。しかもCMで見てもあたし好みの堤っちぽいし~☆☆
悩んじゃいます><;

幸せな悩みですよね♡

d0066990_14212336.jpg

↑「ポストマン~」見てから郵便局員の制服見るとすっごく嬉しくてニヤニヤしてたんですけど、数年前に紺に変わっちゃいましたね↓↓変わりたてのころ、口座を作る新入生のために5,6人の郵便局員が大学に来てたんです。そのとき初めて変わった制服見たので思わず「前の制服が好きだったのに・・・」って友達に言ってたら、それを偶然局員の人に聞かれて「新しいのもいいやろ?かっこいいやろ?」って言われちゃいました^^;恥ずかしぃ・・・
でもたま~に緑の人、見ますよね?それで赤い自転車に乗ってたら嬉しくなっっちゃう瞬間です☆☆
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-17 14:18 | 映画

ごじゃまぜアパートはトレジャーボックス

最近韓国映画ばっかり見てます。
たまに『ハリウッドの大作は見ないの』とか、『邦画は見ないわ』という人がいますが、あたしはそーゆーこだわりないです^^;
どっちかとゆーとラストが読めちゃうようなラブコメも好きですし、シリアスな人間ドラマとかも見ますし。法廷物とか戦争物も結構好んで見ます☆
スプラッターとかホラーはまったくダメですけど。あと「ハリーポッター」とか「マトリックス」とかありえない話があまり好きじゃないです。最近なら「宇宙戦争」とか、見に行きたいって思わないですね。
でも今まで「これは別に見たくない」と思ってたのを、テレビでしてるとき偶然見て最高に面白かったとゆー経験も多々あるので、まだまだ自分がわかってないとゆーか、映画を見る目がないとゆーか・・・^^;;
そんなあたしですが、せっかく映画を見て感じたことがあるのに、忘れるのは寂しいので感想を残そうと思います☆★

スパニッシュ・アパートメント
~1つのアパートに 7つの国の留学生 0の共通点?!~



記念すべき第1作目は、ブログの名前にもしちゃった「スパニッシュ・アパートメント」です♡

これはあたしにとってすごく思い出の1本です^^
初めて一人で見に行った映画なんです♪
基本的に一人で出かけるとどきどきしてしまうので、本当に悩んだんですけど、あらすじを読んでどーしても見たくなって、「え~い!!」と飛び込んで見ました!

映画に来てたのはほとんど一人映画の方ばかり。でも笑うとことか一緒で、狭い映画館にばらばらで集まった人間が、一気に一体になったようでほんとに楽しかったです♪♪
もし1本目がはずれ映画だったら、あたしの一人映画の歴史は早々と終了してたと思います。
これで自信をつけて、今ではすっかり一人映画大好き人間になりました^^★☆

ストーリーは“昔作家に憧れてた主人公は、就職先にスペインの留学を勧められ、1年間留学を決意する。期待と不安と恋人とのしばしの別れ・・・様々な思いを胸に降り立ったバルセロナで、国籍も性別もバラバラの6人の学生が暮らすアパートで共同生活を始める。そして様々な文化が奇妙に調和するこの混沌としたアパートで、主人公は初めて本当の人生に向け離陸する”というものです。

出てる俳優さんはほとんど新人さん。日本でも有名なのは『アメリ』役で一躍有名になったオドレイ・トトゥくらいでしょうか??でも『アメリ』以前の作品なんですよ☆
役柄もアメリのような女の子ではなくて、現実的で女性の権利をきっちり主張するようなイマドキの女の子です☆

主人公は最初見たときびっくりしたほど、地味地味くん。だって軽い天然パーマの髪を七三にしてるんです・・・。『電車男』の主人公になれそうなくらいです^^;
でもだんだんかわいく見えてくるんです♡
異国で頑張る姿、成長するところをずっとみてるからかな??

他のメンバーも最高!!人数が多いのにちゃんとキャラがしっかりしてて、それぞれ長所と短所があって。ステレオタイプを生かして笑わせてくれます^^

この映画の面白いところは国が違えば文化も常識も違うってとこだと思うんですけど、ほんとに大爆笑しました。そいういう相手の当たり前に自分が衝撃を受けたり、自分の当たり前に相手がびっくりしたりというエピソードを、バルセロナでの生活を通して、見せて笑わせてくれます^^
笑わされるだけでなくて、「え~!そうなんだぁ☆」と言う驚きと発見でも楽しめます♪

細かいエピソードを積み重ねながら、最後にメンバーが一体になるシーンはほんとにほんとに笑いました><☆★☆★
笑わされながら、色々考えさせられました。
そして世界へ飛び出したくなります!!
島国のあたし達には考えれられないけど、すぐお隣に地続きで違う文化や言語や人種の国があるなんて不思議ですね~。ちょっと羨ましくなっちゃいました^^

映像もお洒落だし、色使いとか小物とかもすごーくかわいいので、そーゆー面でも楽しめますよ♪

パンフにそれぞれの国民性の噂が載ってたんですけど、興味深いので、少しだけ乗せちゃいます☆★☆★

イタリア:人生を楽しむことに全力を尽くす民族。働くことが嫌いで、バカンス中はテレビ局すら機能しないとか。ちなみにナンパは男の子の生きがいで「バブー」しか言えない3歳の男の子も「キミの髪、ステキだね」という言葉だけは言えるという説アリ。

フランス:モンテスキューの時代から「アリ・ナシ」の判断にはうるさい。議論が好きで、なかでも男女の恋愛は永遠のテーマ。街中を散歩して“ジュデーム”と言う言葉を耳にしない日はない。

ドイツ:几帳面で知られる人種。日本同様優れた自動車生産で知られるが、両国にはもうひとつ共通点がある。対人恐怖症に関する研究は日本とドイツだけで盛んらしい。人に気を使う人たちみたいである。

ベルギー:“ベルギー人”はそもそも基本的には存在せず、フランス語を使うワロン人とオランダ語の方言であるフラマン語を使うフラマン人からなる。ふたつの民族の対立はなかなか深刻なので、ベルギーの人と話す際には、どちらの文化圏に属しているか確認すべし!

他にイギリス人、デンマーク人、スペイン人が出てきます★☆★☆
音楽もステキなので、サントラも要チェックです♪♪

d0066990_1235455.jpg


d0066990_1828416.jpg


公式HP↓
http://www.foxjapan.com/movies/spanish/
[PR]
by spanishapartment | 2005-07-15 01:16 | 映画